· 

ライティングを外注するなら、事前に知っておきたい心構えとテクニック

ライティングを外注するには

さまざまなコンテンツを求めるメディアが多く乱立している今、記事作成代行サービスの需要は増えており、実際に記事を書いてくれるサービスも多く存在します。

また、こういった人たちを仲介するサービスやクラウドソーシングを取り扱うサービスも増えているのです。

とはいえ、ライティングを外注して満足したいなら、いくつか事前に知っておきたい心構えやテクニックがあります。

外注先の選び方や記事納品後の対処についてまで、きちんと把握しておきましょう。

事前に「何の記事を・なぜ記事を発注するのか」を明確に

まず、最も大切なのが事前準備です。

特に記事作成代行サービスの場合、自分が一体どういう記事を求めているのか、なぜその記事を発注するのか、という点を明確にしてから発注しましょう。

これらが明確だと、どういう人やサービスに依頼して、どのくらいのクオリティのものを仕上げてもらうのかが明確になります。

たとえば『SEO用の記事なので、キーワードと見出しさえしっかりあれば文章のクオリティや誤字脱字はあまり気にしない』や『長期で見てもらうメインに近いコンテンツなので、できるだけ詳しい人に書いてほしい』などです。

こういったことが明確ならば、どういう人に発注しようか、どのくらいのクオリティを求めようか、予算はどれくらいか、を明確にできます。

逆にここがあやふやになってしまうと、あまり上手に記事の作成依頼ができず、後からなぜ発注したのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。

文体が与える影響を考える

次に、文体についても意識してください。

文体とは、その文章の語尾や単語、言葉の使い方などを示す文章のスタイルです。

文章の雰囲気や読みやすさ、キーワードの入れこみやすさなどに影響します。

たとえば、今読んでいるこの文章は「です・ます調」と言い、さまざまな記事作成代行サービスに見られる王道の文体です。

丁寧語であり、説明文や解説文などに向いています。

一方「だ・である調」というのもあります。

これは語尾が「~だ」「~である」となり、断定的な言い切る印象を与えるのです。

人によっては重厚感や威厳を示すために使いますし、男性的な印象もあるでしょう。

また、体験談や口コミなどのしゃべり言葉、記事の中に顔文字や記号をちりばめたブログ風記事などもあります。

こちらのほうが身近に親しみやすく感じる一方で、軽く簡単な文章と思われる場合や時に読んでもらうのが難しい場合もあるのです。

このため、使いどころが難しい傾向もあります。

記事作成サービスの場合、多くの場合は「です・ます調」が王道となっているので、基本的にはそちらで構わないでしょう。

ただし、なんらかの印象を与えたい場合やスタイルを変えて読ませたい場合はほかの文体を取り入れてみても良いかもしれません。

できれば見本や文例を準備する

事前準備としてもう一つ必要なのが、見本や文例などです。

これは別になくても構いませんが、あったほうが良いでしょう。

これはどういう文章を書いてほしいかを明確にし、どういう記事を書けば良いのかわからないライターのために、言葉では伝わりにくい文章の構成や注意点を伝えるために準備します。

たとえば自分の理想的な記事を見つけて「こんな感じで書いてほしい」というのでも良いでしょう。

もちろん良い記事を見つけられないなら、だいたいこんな感じという構成案だけでもあると文章の仕上がりがかなり違ってきます。

また、文章に独特の構成がある場合や文章量が多いコンテンツになると内容などをしっかり把握しなくてはなりません。

このため、その点も明確に説明できるような見本や文例を準備しましょう。

やってはいけないこと、やってほしくないことも明確に

ここまでは基本的に、ライターにやってほしいことを紹介しましたが、中にはライターにやってほしくないことを設定しておきたい人もいるかもしれません。

もちろん記事作成代行サービスの場合、基本的にライター全体に教育されているNGラインややってはいけない注意点などの教育は行われています。

ですが、それ以外にも細かい指定をしたいのなら、それも明確にしましょう。

たとえば「記号を使って良いとは言ったけど、2つ以上続けるのはダメ。ただし体験談風で印象を軽くしたいので、顔文字や(笑)は使っても良い」「だ・である調なので漢字が多く文章が重くなりがちだが、一般的に使われていないような読めない漢字を使わないでほしい」というようなものです。

一度で良い記事があがるとは限らない

ここまでは発注前のことを紹介しました。

ここからは、発注後のことを紹介しましょう。

気を付けておきたい心構えの一つとして、一度で良い記事があがるケースは少ないということです。

どんなに注意事項や例文を細かく準備して、書き方などを指定したとしても、一度で良い記事があがるとは限りません。

自分が希望した内容をうっかり忘れているライターはいますし、チェックをすり抜けてしまう場合や必要なキーワード数が少ない場合も多いでしょう。

特に初めて発注する場合ほど注意が必要です。

修正がかかりますので、その分の時間や費用も見積もっておきましょう。

なお、だいたいの記事代行サービスは修正にも対応しています。

ただし、回数に制限がある場合や内容に制限がある場合もあります。

気になるようなら、事前に聞いておきましょう。

費用が安ければ上質な書き手はいない

最後に、そもそも費用が安ければ上質な書き手はいないと思っておいたほうが良いでしょう。

当然ですが、記事の内容や品質と費用は比例します。

このため、安くで良い記事をたくさん早く書いてほしい、と言われても対応してくれる人はそういません。

品質を求めるなら、ある程度の予算を組んで、良いライターを抱える記事作成代行サービスを利用しましょう。

特定の属性に強い記事作成代行サービスを選ぶのも手

これはちょっとした裏技ですが、あえて特定の属性に強い記事作成代行サービスを選ぶのも手です。

たとえば、ネットでの需要が大きい20代から30代の女性、特にママさん世代に対しての記事を準備したいとかアフィリエイトをしたいというのならば、エスママライティングがおすすめです。

このサービスは美容や健康に特化しているのですが、ライターはすべて子育て中のママが行います。

このため、成約につながりやすいママ世代やファミリー向けに強い記事作成ができます。

そして、メンバー数が多いのでモニターを依頼するのにも向いています。

文章を書くことに強いママがモニターをしますので、長めの体験談を求める場合にも利用いただけます。

 

その他、「こういうものにも対応できるの?」といったご相談はお気軽にお寄せください。