· 

コンテンツ記事が大切といわれるのはなぜ?

コンテンツはマーケティングに影響します

ライティングの仕事をしていると、「コンテンツ記事は大切」ということをよく耳にします。

ですが、実際になぜ大切なのかと聞かれると、答えに困る人も多いのではないでしょうか。

コンテンツ記事は、Webサイトなどに掲載される記事のことですが、記事の質はマーケティングにも大きく影響します。

ここではコンテンツ記事が大切な理由に加え、良いコンテンツ記事を書く際のポイントについてわかりやすく解説します。

コンテンツ記事とは

コンテンツ記事の「コンテンツ」には、「内容」「含有量」「中身」などの意味があります。

Webサイトに掲載する記事のことをコンテンツ記事と呼ぶようになってから、コンテンツは「情報の中身」という意味で使われることも多くなりました。

Webサイトに掲載されるコンテンツ記事には、特定のテーマについて情報が盛り込まれています。

ハウツー記事をはじめマニュアル、商品レビュー、商品紹介、企業の活動、イベント情報など、その内容は多岐にわたります。

ユーザーは、インターネットを通してコンテンツ記事にたどり着き、必要な情報を得るのです。

Webサイトの記事は、ユーザーとサイトをつなぐ橋渡しのような存在で、コミュニケーション手段の一つと言っても良いでしょう。

コンテンツ記事はなぜ大切か

インターネットを利用する人が増えると同時に、Webマーケティングに力を入れる企業が増えてきました。

そして、Web戦略を説明する際に、ほとんどと言っても良いほど言及されるのが、良質のWebコンテンツ作りです。

なぜコンテンツ記事は大切だといわれるのでしょうか。

Webサイトに掲載される記事は、インターネット上に公開されます。

公開する目的は、インターネットユーザーをサイトに導入することにあるのです。

ユーザーは何か知りたいこと・ほしいものがあると、インターネットの検索エンジンを使って調べます。

検索エンジンの検索結果には、ユーザーが検索した情報にマッチすると判断された記事が表示されるでしょう。

表示される順位は、検索エンジンが決めますが、良質のコンテンツ記事であればあるほど上位表示される確率が高くなると言われているのです。

記事が検索エンジンの上位に表示されるほど、ユーザーがサイトにアクセスする確率は高くなります。

検索結果の最初のページには、10サイトしか表示されず、最低でも10位以内に入らないと、アクセスは期待できません。

ほとんどのユーザーは、検索結果の1ページ目を見てアクセスするサイトを決めるからです。

2ページ以降に表示されたものは無意味と言われるほど、アクセスはゼロに等しくなります。

また、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアからアクセスをサイトに流して集客力をアップさせることは、Webマーケティングにとって必要不可欠となります。

しかし、もしコンテンツ記事に魅力がなければ、一時的にアクセスは伸びても、ソーシャルメディアの話題にのぼることなく終わってしまうでしょう。

Webマーケティングの目的は利益を上げることですが、そのカギを握っているのがコンテンツ記事の質です。

コンテンツ記事が大切だと言われるのは、マーケティングの成功・失敗に直結するから、というのが理由になります。

質の良いコンテンツ記事の特長

良いコンテンツ記事かどうかは、Webマーケティングにとって有利になるかどうかで決まります。

記事を読んでもらいたいユーザーをできるだけ多く集め、満足させられれば、商品の購入や有料サービスの利用、さらにブランディングの構築など、マーケティングの目的を達成することにつながります。

 

・集客力がある

 

検索エンジンの上位に表示されるには、検索エンジンに好まれるという条件をクリアする必要があります。

検索エンジンは使用されているキーワードやプログラム言語、サイト記事のボリューム、内容などからコンテンツ記事の質を判断します。

検索結果の上位に表示されるコンテンツ記事は、SEO(検索エンジン最適化)対策が行き届いている記事といえるでしょう。

ユーザーの集客は、検索エンジンのほかにもソーシャルメディアがあります。

ソーシャルメディアからアクセスを集めるには、検索エンジンではなくソーシャルメディア利用者の注目を集めることが大切になります。

良いコンテンツ記事には、思わずアクセスしたくなる魅力的なタイトルや効果的な画像の使い方がされている場合がほとんどです。

 

・読みやすい

 

アクセスが多くても、記事を読んでもらえなければ意味がありません。

読みたくない記事を最後まで読むユーザーは少なく、そのほとんどはつまらないと感じた時点で離脱します。

良いコンテンツ記事は、ユーザーが最後まで読んでもらえるよう読みやすさを追求しているのです。

最後まで読んでもらえれば、コンテンツの目的(商品購入ページに移動してもらう、会員登録してもらうなど)にユーザーを誘導しやすくなります。

ユーザーが「記事を読んで良かった」と満足した場合、記事をソーシャルメディアで拡散してもらえることも期待できるでしょう。

良いコンテンツ記事を書くポイント

マーケティングに効果的な良いコンテンツ記事を書くには、いくつかのポイントがあります。

最も大切なのは、「文章構成を組み立てる」「ユーザーの期待に応える」「読みやすい記事にする」の3点です。

 

・文章構成を組み立てる

 

Webコンテンツには基本の文章構成があり、ユーザーが読み進めたくなるように構成されています。

タイトルを含めたコンテンツ記事の構成は、「記事タイトル」「導入文」「本文」「まとめ」です。

記事タイトルで注意を引き、導入文で検索目的を満たすことを期待させます。

本文ではユーザーが知りたいことについて説明し、最後のまとめでもう一度言いたいことを繰り返し、CTA(コールトゥアクション、「行動喚起」の意味)につながります。

 

・ユーザーの期待に応える

 

ユーザーがサイトに訪れるのは、そのコンテンツ記事を読むことで問題が解決されたり、知りたいことがわかったりすることを期待しているからです。

コンテンツ内容はユーザーの期待に応えることが前提で、そのためにはユーザーの知りたいことや知りたい理由に沿った情報を提供する必要があります。

ユーザーの期待に応えるためには、ユーザーがどんなキーワードで検索してくるかを考えるとうまくいくでしょう。

記事タイトルや本文には、必ずキーワードを盛り込むことも不可欠です。

 

・読みやすい記事にする

 

読みやすい記事の作り方は、技術的な面が大きく影響します。

といっても、特に難しいことはなく、見出しを適切に設定する、適度に改行を入れるなど、気を付ければ誰でもできることばかりです。

各段落の書き始めは結論から先に述べる、文章にリズムをつけるなど、初心者にとっては難しいと感じるかもしれませんが、記事を繰り返し書いていくうちに、自然と身についていきますので、読みやすさを意識しながら、コンテンツ記事を作ることが大切です。

 

コンテンツ記事の目的と役割を知ることが大切

一昔前のWebマーケティングでは、キーワードに注意すれば簡単に上位表示でき、利益につながることもありました。

ですが近年は検索エンジンの性能が向上し、薄っぺらい内容のコンテンツ記事は、淘汰されつつあります。

つまり、テクニックを優先したマーケティングは、効果が期待できなくなっているのです。

コンテンツ記事を作成するには、手間がかかるため、利益を得るまでに時間がかかることもあります。

短期的には不利に見えても、長い目で見ると大きな利益をもたらしてくれることを忘れないようにしましょう。

価値のあるコンテンツを積み重ねていくうちに自然とアクセスが集まるようになり、コストをかけずにブランディングできるようになります。

マーケティングにはさまざまな方法がありますが、その根底にあるのはコンテンツ記事です。

コンテンツ記事が果たす役割を再確認し、マーケティングに取り組むことが、目的を達成する近道になります。