· 

女性ターゲットのコンテンツ作成に大切なポイントとは

女性と男性とは異なるコンテンツの態様

女性をターゲットにした宣伝や広告、販促に向けてコンテンツを作成するには、男性と女性の考え方や反応の違いを踏まえなくてはなりません。

男性の場合は論理的な思考が働きやすく、機能面や作用面の始まりからプロセスが気になり、細かな説明を理解して納得しないと、購入や利用というアクションに結び付かない傾向が見られます。

これに対して、女性の場合は論理的に考えるよりも、まずは感覚面や感情面が作用します。

そのため、感覚や感情に働きかけるインパクトのある画像や女性が抱えている悩みや不安、なりたい姿などをキャッチコピーに掲げたコンテンツで、まず心を掴むことが必要です。

具体的にどのようなコンテンツを作成していけば良いのか、見ていきましょう。

 

なりたい姿や使いたくなるイメージ画像

女性の場合、SNS映えがブームになるなど、きれいなものやおしゃれなものが大好きなうえ、ビジュアルへのこだわりもあります。

写真や映像などを通じて感覚が反応することや感情が動かされるところがあるため、コンテンツには女性にインパクトを与えて、もっと見たい、知りたいと思わせるイメージ画像は不可欠です。

エステや化粧品など美容が気になる女性をターゲットにする場合には、悩みや不安からスタートさせる方法と、なりたい姿や憧れているお肌など理想のイメージから心を掴む方法があります。

悩みや不安からの誘導

たとえば、ダイエットしたくてもうまくいかずに悩んでいる女性をターゲットにした場合、お腹がでっぷりと出て二の腕なども太くて全体が緩んでいる女性の写真でインパクトを与えて惹き付けます。

また、毛穴から汚れが噴出している画像やニキビでボツボツになった画像を載せて、自分も同じ悩みを持っているという印象を与えさせ、コンテンツの詳細を開かせるアプローチ法です。

女性は自分だけが悩んでいると誰にも相談しにくくなりますが、ほかの女性も同じような悩みを抱えていると知り、自分よりもっと状況がひどい人がいるとわかると安心感が生まれるとともに、その画像からつながるコンテンツへの興味が増すからです。

なりたい姿からの誘導

成果から入るのも女性をターゲットにするコンテンツでは、おすすめの手法です。

プロポーションが美しい女性、ツヤツヤでピカピカのお肌の女性画像などを入口にするコンテンツ誘導法になります。

女性の多くが美しいプロポーションやお肌に憧れを抱いており、見た目には問題がない女性でも、より美しくなる方法や体型やお肌を維持できる方法を求めているためです。

自分の理想を叶えてくれるようなきれいなお肌やメリハリある健康ボディの画像を見ると、どうすればこうなるのかと理想を求める直感が働き、コンテンツへと誘導されていきます。

ビフォーアフターで視覚的に働きかける

女性をターゲットとするエステや化粧品の販促プロモーションにおいて、外せないのがビフォーアフターの画像です。

女性の場合、文章で説明するよりも、まずはビジュアル的にインパクトを与えて興味を持ってもらうことが大切です。

そのため、コンテンツ内ではビフォー、アフターの画像を示して、視覚から訴えかけると女性にアプローチしやすくなります。

ビフォーアフターの画像で視覚的に納得すれば、細かな説明は読まずとも飛びついてくることも少なくありません。

 

※ただし、薬機法の観点からビフォーアフターを訴求する際にはさまざまな注意点があります。

論理的な説明よりお悩みや不安や効果から

男性の場合はなぜ、そのような効果が出るのか、どう働きかけるか、機能や性能、成分などについて、細かな説明が求められ、十分に納得できないとアクションが起こされないケースが少なくありません。

たとえば、男性向けの痩身エステであれば、男性の身体の構造はこうなっており、筋肉や脂肪にこのような働きかけをすると痩せる、だから、サロンではこのような施術やマシンを用意しているといった論理的な説明が必要です。

これに対して、女性の場合は、最初から難しくて論理的な説明をしても、読む気が起きないという方が少なくありません。

まずは、女性によくあるお悩みや不安、その商品やサービスの効果から入っていくのがポイントです。

「このようなお悩みはありませんか。」「こんなことで不安を抱えていませんか。」と日頃からのお悩みや不安に寄り添うメッセージを発信しましょう。

また、「こんなピカピカなお肌になったら自信が出ますね。」、「どうやったら、このようなお肌になるのでしょうか。」といった語りかけのアプローチ法もあります。

すると、自分のことだと感じる場合やその悩みや不安はどのようにしたら解消されるのかと、もっとコンテンツを読みたくなるのです。

まずはお悩みやなりたい理想像から出発し、そのためにはどのようなエステを行い、化粧品を使えば良いのかを紹介していきましょう。

男性の場合はマシンの構造や機能、化粧品に含まれる成分の事実的な説明が必要ですが、女性の場合は話題性や信頼性を全面的に押し出す説明のほうがおすすめです。

理想のボディやお肌を実現するために「地域でここしか受けられない施術」、「実績30年のノウハウ」、「ドクター監修」、「医療機関と美容の専門家が開発した成分」、「お肌の再生をサポートする次世代型成分」など、機能や成分そのものより、それを強調するフレーズが女性の心を惹き付けるためです。

 

インタビュー記事や日常が垣間見られる記事で働きかける

男性の場合、決断を促すうえで必要なのは目に見える結果や結果が出た後のメリットなど具体的な成果です。

そのため、コンテンツでは数値などの客観的なデータやリサーチ調査の結果やグラフなど結果や成果が見えやすいものが求められます。

ビフォーアフターの写真も、そこに至るプロセスよりも、何kg変わったのか、何日で結果が出たのか、といった数値での結果が欠かせません。

そのうえで、結果を出せた後、仕事やプライベートでどのような良い影響が出たかを、短い文章や箇条書きで示すのが男性の論理的思考を動かすために求められます。

一方、女性の場合は数値や調査データより、利用者の体験談やエスティシャンや化粧品の開発者のインタビュー記事など、プロセスがわかるコンテンツがおすすめです。

女性は、利用者や成功体験者がどのように成し遂げたのかのプロセスに注目をする傾向があります。

悩んでいる様子やうまくいかなかったこと、こんな生活をしていたなど悩みや日常が垣間見られ、子育てや仕事の話などプライベートに触れられていることで、より共感が持て、自分も使ってみようかな、試してみたいなという気持ちが湧くからです。

「共感を持てるか」が女性をターゲットにするコンテンツの構成で重要な要素となる点を抑えておきましょう。

利用者の声だけでなく、サロンの代表者や施術を担当するエスティシャン、化粧品の開発者や開発メーカーの代表者などのインタビュー記事においても、単に成功談、商品やサービスがいかに優れているかの説明に終始してはいけません。

こんな悩みを持っていて開発したかった、こんな悩みを抱えている女性の気持ちがわかるからこそサロンを運営している、自分もかつてはそうだったなど、女性の読者に共感を感じられるメッセージを伝えることが大切です。