· 

クラウドソーシングでライターを探すならメリットとデメリットを確認

クラウドソーシングを理解しましょう

ライター探しに困っているなら、クラウドソーシングを利用してみるのも良いかもしれません。

クラウドソーシングを利用するなら、メリットとデメリットを把握したうえで、ライター探しをしたいところです。

そうすれば、良い結果が訪れるのではないでしょうか。

 

安く発注できる

クラウドソーシングを利用してライターを探す場合のメリットは、なんといっても安い点です。

通常、企業が抱えるプロのライターや個人のプロライターに文章作成を依頼すると、それなりのお金が必要になります。

しかし、クラウドソーシングは、いくつかの提案の中から、最も合理的な依頼者を選ぶことができますので、その分だけ単価を安くすることができるのです。

また、特定の企業にライティングを依頼する場合は、ライターに支払う金額のほかに、企業の管理費なども上乗せされた金額を支払う必要があります。

クラウドソーシングは、個人と直接取引をすることができますので、その分だけ安く発注することができるのです。

また、クラウドソーシングでライティングを依頼できるのはプロのライターばかりではありません。

中には、あまりライティングに携わったことのないお小遣い稼ぎの人たちもいるでしょう。

このようなライターに対しては、プロのような質の高い記事を求めることはできません。

しかし、その分だけ安く請け負ってくれる可能性がありますので、結果的に費用が低くなる場合も多いのです。

また、必ずしもライティングのプロに依頼しなければ、質の高い記事ができないというわけではありません。

医療関係の記事をライティングしてほしい場合、ライティング歴が豊富だが、医療関係の仕事に従事経験がないプロのライターよりも、医療関係の仕事に従事しているライティング素人に依頼を出したほうが、良質な記事が仕上がってくる場合もあるのです。

このように、クラウドソーシングをうまく利用することができれば、低単価で良質な記事を手に入れられる可能性も十分にあるといえるでしょう。

これはクラウドソーシングの大きなメリットだといえます。

ライターを抱える必要がない

クラウドソーシングでライターを探すメリットには、必ずしもライターを抱える必要がないという点も挙げられます。

突発的にライティングが何度か必要になってくる程度だと、ライターを社員として雇うと、人件費が大きくなってしまいます。

しかし、その都度クラウドソーシングで必要に応じてライターを探すことができれば、人件費は最小限に抑えることができるでしょう。

また、そこで出会ったライターの仕事の品質が良ければ、期間を決めて契約するような方法にして、最小限の人件費で優秀な人材を確保することもできるのです。

特に小さな企業になってくると、ライター一人を雇うだけでも大きな出費になってしまいます。

また、必要がなくなったときにすぐに解雇というわけにはいきませんので、立ち回りが窮屈になってしまうのです。

しかし、クラウドソーシングなら、必要なときに、必要な量だけ外注することができますので、柔軟に立ち回ることができるでしょう。

さらに、ライターを雇うということは、育成する費用に関しても考えなければなりません。

初心者の状態からだと、かなりの先行投資をすることになりますので、これも軽視できない出費といえるでしょう。

クラウドソーシングは、大手サービスにもなってくると、レベルに応じてたくさんの人材が存在しますので、人材を育成するという必要がありません。

ライターを抱える必要がないというメリットも、クラウドソーシングを有効活用するなら覚えておきたいところです。

優秀な人材をヘッドハンティング

クラウドソーシングにはさまざまなライターが存在します。

その中には、ライティング能力が高い人もいれば、ライティング能力が低い人もいるでしょう。

また、プロレベルの技術を持っているのに、自分を安売りしているようなライターも存在します。

こういった人材をいち早く確保することができるのもクラウドソーシングのメリットです。

クラウドソーシングのライターは、参入のハードルがほとんどありません。

そのため、才能を持っていても、その他大勢の中に埋もれてしまっている人材はたくさんいるのです。

こういった人材をヘッドハンティングできるのもクラウドソーシングのメリットで、求人広告で良いライターが集まらないなら、クラウドソーシングに目を向けてみるのも良いかもしれません。

ライティングの品質が安定しない

クラウドソーシングは、良いライターと出会えれば、品質の高い記事を提供してもらえるでしょう。

しかし、クラウドソーシングにおけるライター探しは、自分で行わなければなりません。

そのため、良いライターに出会えなければ、出会うまで納品物の品質が安定しないということになります。

クラウドソーシングのメリットは、相場よりも安く記事作成を依頼できる点なので、ある程度は、質を犠牲にしなければならない部分もあるのです。

もちろん、中には優秀な人材も存在するですが、それを探すのが難しいというのもクラウドソーシングのデメリットとして覚えておく必要があるでしょう。

また、ライティングの品質が安定しない理由はもう一つあります。

それがクライアント側がしっかりと仕様書を作成しない点です。

ライティングを生業にするプロに依頼する場合は、ある程度、仕様書が雑でも経験で補うことができます。

また、ライティングを生業にする企業なら、仕様書の専用フォームも用意しているでしょう。

しかし、クラウドソーシングには素人のライターも存在しますので、しっかりとした仕様書を作成せずにライティングに取りかかる人もいるのです。

これが、ライティングの品質が安定しない理由でもあり、これを防ぐためにはクライアント側がしっかりとした仕様書や要望書を作成する必要があります。

発注や品質管理に手間がかかるのもクラウドソーシングのデメリットといえるでしょう。

納期に対する意識が低い

これはクラウドソーシングのすべてのライターに該当するわけではありません。

しかし、全体的に見れば、プロのライターに比べると、納期に対する意識は低いといえるでしょう。

特に素人のライターに依頼する場合には、納期の延期を求められることも多いですし、最悪の場合は、何もいわずに納品を遅れさせてしまうような人もいます。

そのため、クライアント側が、このデメリットを踏まえたうえで、柔軟な納期を設定するなどしましょう。

ライティングは、納期が遅れてビジネスが致命傷になる可能性の低い分野です。

だからこそ、クライアント側がうまく納期調整することによって、このデメリットのリスクを最小限に抑えることができます。

専門性の高い記事は業者に依頼する方法もある

クラウドソーシングは、安く発注できるメリットがあるものの、品質が安定しないというデメリットもあります。

コンテンツマーケティングで質の高い文章が求められている昨今、プロのライターを抱える業者とクラウドソーシングをうまく使い分けることこそが生き残っていく術ではないでしょうか。

特に、検索エンジンが権威性の重要性を定めているような分野に関しては、素人のライティングでは太刀打ちできない時代にきています。

そんなときは、各分野の専門ライターを有しているような業者にライティングを依頼することができれば、より良い結果を求められるかもしれません。