· 

ライティングを外注する際に知っておきたい相場料金とアウトソーシングのポイント

コンテンツを充実させるなら外注という選択肢も

サイト運営は、始めるだけならさほど難しくはありません。

誰でも本気になればその日からスタートさせることも可能ですし、自社の宣伝サイトの形を整えるだけなら、用意されたフォーマットを利用すればすぐです。

サイト上で決済まで完結させるためにはいくつかハードルがありますが、実際にはそれより難しいのができたサイトを「継続すること」です。

常に新しく魅力的な情報を発信し続けていなければ、どんなに素晴らしいサイトでもあっという間にユーザーから忘れ去られてしまうでしょう。

そんな難しいサイトの継続にあたっては、ライティングの外注という選択肢があります。

多くの運営者が、自社で多大な労力と時間を費やすことに疲れ、プロフェッショナルのアウトソーシングに切り替えています。

もちろん外注には費用がかかりますが、それに見合うだけの成果があれば、高い費用対効果を得ることも可能です。

ただ、初めて外注する際には相場を知らないと苦労するかもしれません。

コストの無駄遣いになったり、安かろう悪かろうの低品質記事の修正にかえって労力を取られたりしないよう、正しい相場を知ったうえで正しい選択をしましょう。

コストの算出方法を理解する必要がある

相場を知るにはコストの算出方法を知る必要があります。

たとえば記事の内容や形態、依頼内容によってコストは変動しますので、Webライティングの見積もりの取り方も押さえておくことが大切です。

もちろん各社とも料金設定は異なりますが、一般的なライティング費用の算出方法である「文字単価」と「記事単価」については知っておく必要があるでしょう。

文字単価は言葉の通り、1文字何円で計算してコスト算出する方法です。

たとえば文字単価5円で2,000文字の記事なら、1記事1万円計算です。

文字単価は安価なものから数十円単位の高価なものまで設定が幅広くありますが、当然記事の内容や専門性の有無、ライティングのレベルで変わるのが一般的です。

一方で記事単価は、1記事何円という計算になります。

結果的に何文字になっても1記事いくらという計算になりますが、おおよそ目安の文字数が決められていて、それを大きく上回る場合は要相談となるのが一般的でしょう。

記事単価となるのはおおむねインタビューなどを必要とする場合の記事で、たとえば2時間の取材で2万円などと設定があることが多いです。

ブログ記事やリライトなどでこうした設定になることはあまりなく、文字単価と記事単価の料金設定を棲み分けている代行業者がほとんどです。

相場を見るには、こうしたコストの算出方法を理解し、どのような記事をどれくらい依頼したいかで考えると良いでしょう。

代行業者の専門性を重視すべき

ライティングの外注を考える際、相場より先に気にするべきなのが専門性です。

たとえば化粧品のECサイトを運営するときに、薬機法などの法規制をまったく知らない業者や個人ライターに仕事を依頼するのは大変なリスクを伴うでしょう。

安かろう悪かろうの記事で苦労するのは、文章の修正などの手間だけではありません。

法律に抵触するようなリスクがないか、企業として安心してサイトに掲載できるクオリティの記事かどうかを真っ先に考える必要があります。

たとえば、法管理者として専門資格を有するスタッフがいる、文章が適切かどうかチェックする体制がある業者であれば、それだけのコストを投資しても外注する価値があります。

また資格などの面だけでなく、実際にユーザーとなってユーザー目線で情報発信できる専門性も重要です。

アフィリエイトのインフルエンサーが絶大な信頼を得ていることからもわかるように、商品の魅力を伝える側が実際にその商品を使っている事実がとても大切になります。

男性用の商品なら男性、女性用の商品なら女性が記事を書くほうが説得力が得られますし、よりユーザーにアピールできる内容になることはいうまでもありません。

いかにして魅力的な記事にするか、それはいかにして適切な人員を配置し魅力を伝えるか、代行業者の専門性やノウハウに尽きるといえるでしょう。

ライティング以外で発生するコストについて

コンテンツを制作するうえで、発生するのはライティング費用のみとは限りません。

コストを制限したいなら自社内で対応できなくもありませんが、より効果的なコンテンツを制作するうえで必要となる作業がいくつかあります。

たとえば企画費や取材費、調査費や撮影費などがそれにあたります。

特に企画に関しては、どのような記事の企画や構成にするかを決める重要な作業のため、しっかりコストをかけることがおすすめです。

Webサイトを運営する以上、意識すべきなのはSEO対策で、検索エンジンで上位表示されることを意識するのとしないのとでは成果に雲泥の差があります。

SEO対策では、ユーザーが何を求めているか、何を探しているかをキーワードから考察し、市場分析を行ったうえで記事内容を企画しましょう。

SEO分野で専門性が必要となるため、単に情報記事を書くだけでは実施できません。

記事が上位表示されれば当然アクセス数の増加が期待され、ECサイトならもちろん企業の宣伝サイトでも絶大な反響が望めるのです。

たとえばペルソナ作成などが典型例ですが、ペルソナというのは「想定読者」を指します。

記事を読む人の性別・年齢だけでなく、家族構成や年収、平日と休日の過ごし方や出身などに至るまで、趣味趣向も含めてすべて設定をします。

その人が魅力を感じるコンテンツにするためにはどうすれば良いか、すべて細かくペルソナ設定することから導き出す手法です。

こうした丁寧な企画/構成(構成案)の作成から行う場合、記事の軸が堅固になり、とても魅力的なサイトを運営することが可能となります。

ただし、企画作成にはリサーチや競合調査など数時間から数日かける必要があるため、相場は1記事あたり10,000円以上かかるのが一般的です。

またできたコンテンツを自社サイトに直接入稿し、装飾までしてもらう場合はその費用もかかります。

こちらは作業量にもよりますが、1記事あたり作業相場は2,000円~5,000円程度でしょう。

どのような依頼先かにもよる費用相場

記事の内容、形態によって相場が異なることは理解できますが、それを踏まえてどこへどのように依頼するかでも相場は変わってきます。

依頼先としては記事作成代行業者やクラウドソーシング、編集プロダクションや個人ライターなどがありますが、やはり安定しておすすめなのは代行業者です。

クラウドソーシングは、登録ライターに依頼するスタイルですが、結局は個人ライターとなりますので組織力は期待できません。

法人をとおるよりは安価なのが魅力です。

編集プロダクションは、専門の制作会社なので記事の企画や編集には絶大な強みがあります。

専門性の高いライターも多数抱えているので魅力ですが、やはり単価が高いためそこがネックとなるでしょう。

文字にして1文字10円以上はかかるケースが多いですが品質は安心です。

どういった先に外注すれば費用対効果が最大限に発揮されるのか、それは社内工数がどれくらい発生するかを見ながら内容を決めていくことが大切です。

もし外注費そのものは高く見えても、社内工数が大幅削減できるなら、トータルコストはかなり安くなることになります。

そもそも医療関連やエンジニアなど専門分野に関わる場合は、専門特化した人員を自社で確保できるかどうかがネックです。

SEO対策に関してもきちんとマーケティングを講じた記事は単価としては高額になることは否めませんが、往々にしてそれだけの対価を払う価値が期待できます。