· 

記事作成代行業者の活用メリットとは?デメリットとは?選び方も含めて徹底解説

有益なコンテンツを継続発信できるか

Webサイト運営にとって記事が非常に重要な要素だということは、すでに周知の通りでしょう。

サイトとしてユーザーから信頼を得るためには有益なコンテンツを揃える必要がありますが、一番難しいのが継続させることです。

メディアである以上定期的な更新は欠かせませんが、運営には想像以上の手間と時間がかかり、リソースや予算の確保もそう簡単ではありません。

結果的に更新が滞るとアクセス数はあっという間に激減し、苦心して立ち上げたサイトもすぐに風化してしまうのが現実です。

常に新鮮で有用なコンテンツを発信したい、しかし自社でそれは難しいという場合、ソリューションを提供してくれるのが記事作成代行業者です。

プロフェッショナルがクオリティの高い記事を短期間にリリースすることで、依頼前よりアクセス数やコンバージョン率のアップが期待できることも大きな魅力といえます。

代行を依頼する一番のメリットとは

多くの企業は、単に記事を作成する時間や労力を惜しむ理由だけで代行を依頼しているわけではありません。

なぜプロフェッショナルに依頼するのか、それはリスクの軽減と高い効果の期待値があるからです。

10年以上前のWeb黎明期には、決して質の高くない記事でもキーワードさえ押さえていれば一定のアクセスが得られた時期も確かにありました。

ただ現在そのままの意識でサイト運営をしようと考えているなら、大きな失敗やトラブルを回避できなくなるリスクがあります。

有用なコンテンツを求めるユーザーの目も肥えていますので、一定レベル以上のスキルを要さない記事の場合、検索で誰かの目に留まることすら難しいのが現実です。

クオリティを無視して低品質な記事を量産すると、ユーザーだけでなく検索エンジンからサイトに対する信頼度を失い、かけたコストも時間も一切が無駄になるでしょう。

かといって、自社内にライティングの専任者を抱えるのは人的リソース不足の問題に突き当たりますし、単に一人二人抱えていれば済むという問題でもありません。

そもそも必要なのはライターだけでなく適切なディレクションが行える人員であり、結局は組織的な運営が必要不可欠となります。

 

これらの要素を丸々アウトソーシングできる先が、記事作成代行業者ということになります。

ディレクションスキルを持つ担当者がライターのアサインから適切な記事の納品まですべて請け負うため、自社は一連の業務から解放され本業に注力できます。

優れた業者であればニーズに合う優れたコンテンツの提案も行えるため、サイトそのものの質を上げアクセスを増加させることも可能でしょう。

記事は配信直後から評価されやすい性質があるため、早い段階で成果が期待できるのも大きなメリットです。

果たしてデメリットはあるか

記事代行業者を活用すること自体には、さしたるデメリットはありません。

ネックになるのは利用コストですが、もし自社運営では実現が難しいと判断する内容であれば、十分意義のある投資といえます。

当然、費用対効果が計算できる依頼先でなければ意味はありませんし、求めるものと納品されるものとに齟齬がないよう適切なコミュニケーションが取れる業者であることは必然です。

長期的な目で見て効果に満足できるパートナーが得られれば、コストパフォーマンス的にはかなり優れた投資といえます。

ただし、発信したい内容によって、情報系コラム記事、意見発信型コラム記事、ランキング記事などそれぞれに強みを持つ業者を選ぶ必要はあるでしょう。

適した業者を都度選ぶことで、費用対効果を上げる方法も考えられます。

代行業者を選ぶときのポイントとは

代行業者を選ぶ場合、一番のポイントとなるのが専門性と規模です。

企業として信頼性が高い会社であることはもちろんですが、ライターの専門性の高さにはかなり個人差があるため、信頼性の高い編集やライター人員をどれだけ抱えているかもチェックポイントです。

 

たとえば極端な例を挙げれば、コスメ関連の記事を書くときに、コスメとは無縁の男性ライターが一人二人で記事を担当するようでは期待できません。

特にコスメなど実際に使ってみた感想などが求められる記事の場合、ライターがモニターとして参加したうえでライティングすることはとても重要です。

ユーザーから信頼を得られる記事として受け止められるためには、やはりターゲットユーザー層と近しい目線が求められることは言うまでもないでしょう。

 

また、記事は書くだけでなく内容のチェックも非常に重要ですので、内部の管理体制がしっかりしていなければクオリティは期待できません。

執筆したものをどのような体制でチェックしているか確認が必要ですし、場合によっては専門資格を有する担当者がチェックしている業者があれば理想でしょう。

先ほどコスメの例を挙げましたが、コスメやサプリメント関連のPRで薬事法は避けては通れない壁であり、薬剤師などの資格保有者がいれば非常に安心です。

SEO対策は専門業者でなければ難しい時代

集客を目的としたWebサイトである以上、SEO対策への取り組みは重要です。

記事を書くのに必要なのはライターだけでなく、検索エンジンのアルゴリズム分析やキーワード選定、競合サイトとの比較検証などがしっかり行える人材が必要な時代となりました。

戦略的な記事作成をするためにはコンテンツSEOが必須ですが、簡単にいえばWeb上にあるコンテンツを活用して検索エンジンの最適化を図る活動です。

良質なサイトはユーザーと検索エンジンの双方から評価されるサイトですが、有用なコンテンツを定期的にアップし、アクセスや問い合わせの数を増やすことで売り上げアップを実現する活動といます。

 

現在、検索エンジンロボットの性能が格段に上がり、本当に良質な情報を掲載しているサイトだけが上位表示されるように改善されました。

昔のように小手先だけで順位を上げるようなことはできませんので、本当にためになるコンテンツを定期的に発信しているサイトだけが生き残ります。

リスティング広告やマス広告は時間とともに急速に集客効果が薄れますが、コンテンツSEOはほぼ永続的に見込み顧客を集客してくれますので、長期戦略に最適な手法です。

記事作成代行業者にかけるコストに悩むとすれば、それは本当の費用対効果の高さをまだ把握していないからでしょう。

実際にはほかの広告媒体に比べて圧倒的に低コストであり、費用対効果が抜群に高い集客手段といえます。

 

定期発信していれば内容がなんでも良いというわけではないため運営努力が欠かせませんが、良質な記事をアップし続けることができれば、追加投資はなしで集客が狙えます。

都度コストがかかる広告に比べればコストパフォーマンスが非常に高いため、大手ではなく中堅企業や小規模企業こそどんどん活用すべきだといえるでしょう。

有用な情報を提供し続けるために

ユーザーを惹き付けるサイトは、訪問者が本当に有用だと感じられる情報が提供されています。

たとえなんらかの理由でSEOの上位表示に成功したとしても、本当に有用な内容でなければ最終的に売り上げには結び付きません。

検索エンジン上で単に自社を顕示しても、ユーザーが求める情報がそこになければサイト運営の意義を失います。

ユーザーが何を求めどんな問題を解決したいと思っているのか、ニーズに常に応えられる記事を提供することは非常に難しく、プロフェッショナルを必要とすることは事実です。

 

記事作成代行が単に記事を書いて納品するだけだと考えているなら、すでにそれは大きな誤りとなっています。

現在は日増しに重要性を増すコンテンツSEOを意識し、単に記事を量産するだけでなくクオリティの高いコンテンツを提供できる業者だけが本当のプロフェッショナルです。

読者ニーズに応えられる記事を作成できる専門家やライターがいる業者であれば、メディア運営において心強いパートナーとなり得るでしょう。

そうした意味では多大なメリットこそあれ、デメリットはほぼないといえます。