· 

コンテンツ記事の役割とは?書き方についても解説

コンテンツ記事作成は重要

Webサイトに掲載されている記事のことを、コンテンツ記事と言います。

コンテンツ記事はWebマーケティング成功のカギを握ると言われていて、良質なコンテンツ記事を作成することは、Webマーケティングの中でも重要な課題です。

ここでは、コンテンツ記事の役割と、書き方についてご紹介します。

コンテンツ記事が担う役割を明確にして、マーケティング効果の高いコンテンツ記事を書く際の参考にしてください。

コンテンツ記事の役割について

コンテンツ記事の目的は、インターネットユーザーをサイトに誘導することです。

そのため、コンテンツ記事は、ユーザーの期待に応えられるよう情報を提供する必要があります。

通常コンテンツ記事は文章で構成されますが、必要に応じて画像や動画を取り入れます。

こうした記事の作成は、一歩間違えると、意図していることとは別の結果を引き寄せてしまうことにつながってしまうのです。

それを避けるためにも、ここでコンテンツ記事の役割について確認しておきましょう。

ニーズに応じたコンテンツの提供

ネットユーザーの多くは、「知りたい」など、特定の問題や疑問に対する答えを探すためにネットを検索します。

そうしたユーザーの検索意図に応えるコンテンツを提供するのが、コンテンツ記事の役割の一つです。

ニーズに応じたコンテンツは、ハウツー記事やマニュアル記事など、情報を提供することでユーザーが満足することを目的としています。

売上などに直接結び付くコンテンツではありませんが、ユーザーのニーズに応えることで満足感を与えることが可能です。

満足したユーザーが提供している商品やサービスを利用したり、ソーシャルネットワーク上に記事を拡散したりすれば、マーケティングが有利に展開します。

商品やサービスに関するコンテンツの提供

ネットユーザーの中には、ほしい商品やサービスについて詳細な情報を知りたい、販売している場所をチェックしたいなどの理由で検索エンジンを利用する人もいます。

商品やサービスの特徴や使用方法、便利な使い方といった情報を盛り込んだコンテンツ記事が、それにあたるでしょう。

商品やサービスに関するコンテンツにアクセスするユーザーは、近い将来顧客になる可能性が高く、購入するかどうか判断できる材料を提供して、購入を後押しする必要があります。

商品のレビューや商品を使用した口コミなどが、購入を後押しするコンテンツになるのです。

啓蒙・教育に関するコンテンツの提供

たとえばダイエットに関する商品を販売している会社のWebサイトなら、「ダイエットは健康的に続けることが一番大切」であることをユーザーに伝え、そのためにどうしたら良いかコンテンツ記事を通して提案できます。

ユーザーは、「健康的にダイエットする方法」を学んでいくわけですが、それが啓蒙・教育に関するコンテンツです。

啓蒙・教育に関するコンテンツは、現在商品を購入する気持ちはないけれど、将来あり得る可能性の高いユーザーにアプローチするときに、効果を発揮します。

コンテンツ記事の書き方

コンテンツ記事には「記事タイトル」「導入文」「本文」「まとめ」と文章構成が決められていて、通常はこの構成に沿って記事を書き進めていきます。

 

●記事タイトル

記事タイトルは、ユーザーがその記事を読むかどうか判断する決め手になりますので、見ただけで記事の内容が伝わり興味をそそるものにします。

記事タイトルに必ず含むものは、キーワードです。

対象とするユーザーは、特定のキーワードを使って検索するため、記事タイトルにもそのキーワードを使います。

ただし、キーワードを入れるだけでは、タイトルは不十分です。

そこからユーザーを「読みたい」という気持ちにさせることも記事タイトルの役割で、ユーザーが抱いている意図(知りたい、解消したい、行きたいなど)に対応したタイトルを心がけましょう。

記事タイトルの長さですが、従来は32文字以内といわれてきました。

現在では記事タイトルが長くても、SEO(検索エンジン最適化)上問題ないとされていますが、検索したときに記事タイトルが切れてしまうと、それを不快に感じるユーザーがいるかもしれませんし、記事の内容が伝わりにくくなるかもしれません。

検索したときに記事内容が伝わることを前提にタイトルを決め、必要に応じて調整していくと良いでしょう。

数字を入れている記事タイトルをよく目にしますが、数字を入れることで具体的になり、タイトルに説得力が増します。

タイトルが具体的になるほどユーザーに伝わりやすいので、記事タイトルを考えるときは、数字で表現できないかどうか考えてみましょう。

 

導入文

導入文は、アクセスしてきたユーザーの心を掴み、本文を読ませる役割があります。

そこで導入文には「検索目的に対する答えを、本文で説明しますよ」ということを盛り込むことが大切です。

導入文の定番は、「問題提起(~でお悩みではありませんか?)」「解決策の提示(それなら~という方法があります)」「本文の目的(~の方法について解説します)」という流れになります。

 

本文

コンテンツ記事の中でも一番重要なパートを占めるのが本文です。

導入文まで誘導した時点でユーザーは、本文の内容に対してかなり高い期待を抱いています。

本文では、その期待に応えてあげましょう。

本文で大切なのは、伝えたいことをわかりやすく伝えるということです。

そのためには文章構成の時点で見出しを設定し、要点をまとめておきます。

設定する見出しは、ユーザーの知りたいことをもとに作成します。

たとえば「健康的なダイエットの方法がわかる」というユーザーの気持ちに答えるなら「ダイエットのやり方」について、具体的な方法を提供するのが本文の役目です。

見出しはやり方の手順や実践の際の注意点、必要な道具などが挙げられます。

商品やサービスを紹介するコンテンツ記事では、見出しに数字を用いて、具体的に表現すると、ユーザーはその商品の使い勝手などについてイメージをしやすくなり、訴求力が高まります。

 

まとめ

記事の最後に来るまとめは、記事の要約を伝えることと次の行動(コールトゥアクション)につながることが目的です。

これまでの記事の流れをざっくりと伝えた後、ユーザーにどう行動してほしいか伝えましょう。

コンテンツ記事を書くときのポイント

良いコンテンツ記事を書くには、コンテンツ記事の目的をはっきりさせ、それに見合った内容の記事を書くことが大切です。

すぐに記事を書き始めるのではなく、記事コンテンツの目的・役割・対象となるユーザーを設定させることが、書く前に必要な作業になります。

文章構成も必ず事前に組み立てておきましょう。

骨組みがしっかりしていないと家が建たないように、構成を考えずにコンテンツ記事を書くと、記事の意図がユーザーに伝わらないような記事に仕上がってしまいます。

良質なコンテンツ記事を書くには、それに見合った情報を十分に収集しておく必要があるのです。

情報が不足すると、そのたびに手を止めて情報を収集しなくてはならず、記事を書くのに時間がかかってしまったり、ユーザーを満足させるのに不十分な内容になってしまったりするおそれがあります。

文章構成を決めたら、各見出しに必要な情報を収集し、要点をまとめておくと、書きやすくなります。

コンテンツ記事を書いたら、それで終わりにせずに、必ず構成と推敲を実施しましょう。

誤字脱字や文法の間違いがないというのは当たり前ですが、目的や役割を果たしているかどうか、対象としているユーザーに伝わるかどうか、徹底的にチェックしましょう。

コンテンツを紙に印刷し、声に出して読んだり、上司や同僚などに読んでもらったりすると、より良いものに仕上がります。

コンテンツの目的やユーザーを明確にしましょう

コンテンツ記事の役割と書き方について見てきました。

コンテンツ記事の役割は複数ありますので、書く前に明確にすることが望まれます。

コンテンツの内容は、マーケティングの成果に影響を与えますので、手を抜くことなく作業を進めることが大切です。

コンテンツを書く目的や対象とするユーザーを常に意識しながらコンテンツを作成することが、良いコンテンツ作りのポイントになります。