ブランドイメージの確立のために良質で価値のあるコンテンツを

真似をする戦略では成功は難しい

美容・健康系のサイトは無数にあり、その中から自社のサービスを選択してもらうことは簡単ではありません。

ライバルと同じ戦略で行くならば、先に始めたほうが有利になると考えてください。

まだホームページが普及していなかった時代であれば、うまくいっているサイトを真似すれば成功する事例が数多くありましたが、現在は人真似で成功できるほど甘くはなく、何より先に始めた元祖には勝てないのです。

ライバルと区別化することがブランドイメージを確立し、やがて良質なコンテンツになるのです。

コンテンツの主役は記事であり、どんなにデザインが良いサイトであっても、記事の内容が粗末だとアクセスは伸びません。

アクセスを安定させるためには、資産サイトを構築する必要があり、そのためには面白くて有益な記事を作成できるベテランライターの存在が必要です。

安定的に良質な記事を提供する

良質のコンテンツとは何かを考えるうえでポイントになるのが量と質の関係です。

昔は低品質の記事を量産すれば一定のアクセスを期待できましたが、現在は検索エンジンのアルゴリズムの変化により、低品質の記事は評価されなくなってきました。

何より訪問者がつまらないと感じたサイトは再訪問が望めないのです。

安定的なアクセスを得るためには、いかにファンを増やすかがポイントになります。

そのためには質を重視したうえで、定期的に記事を配信する必要性があります。

注意したいのは高品質の記事を重視するあまり、更新頻度が極端に下がってしまうケースです。

コンテンツの存在自体を忘れ去られる状況だけは避けなくてはいけません。

価値のある情報を提供するために

記事の区別化を図るうえで大切なのは、ここでしか入手できない情報を配信することです。

誰もが知っている情報、インターネットで簡単に入手できる情報というのは価値が低いです。

訪問者は常に新しい情報を求めており、感動を与えてくれるコンテンツを好みます。

美容・健康系のコンテンツを作成するなら、これらの分野に精通したライターに作成してもらうのが得策です。

商品説明の記事を作成するなら、ライター自身が商品モニターとなって経験していることが好ましいです。

商品を使用していなくても、それらしい体験談を作成できるかもしれませんが、詳細情報まで言及するならば経験は必須になります。

訪問者を消費者にするために

何度もコンテンツにアクセスしてくれる訪問者が、やがて消費者になるケースは多々あります。

たとえば営業の仕事で大切なのは、お客様との信頼関係でしょう。

信頼を勝ち取ることができなければ、どんなに良い商品やサービスをおすすめしても購入してもらえません。

商品を販売するときは、商品力に加えて人間力・信頼性などが大切になるわけです。

インターネット上での取引では互いの顔は見えませんが、顔が見えないからこそ、表情や声が伝わらないからこそ、文章というコンテンツの意味が大きくなります。

文章というのは人が作成している以上、そこには必ず個性が生まれます。

個性的でちょっとクセのある文章のほうが読まれることが多いです。

ただし言葉のチョイスには十分に配慮し、相手に不快感を与える表現は避ける必要があります。

一貫性が大切になる理由とは

コンテンツには一貫性を持たせることが大切になります。

美容・健康系のコンテンツに訪問する方は、美しさと健康を手に入れたいと考えているのです。

自動車やローン・教育などとコンテンツの幅を広げれば、より多くのファンを呼び込めると思うかもしれませんが、実際は見込み客を減らす要因になります。

ブランドイメージを構築するにあたって大切なのは、コンセプトを明確にしておくことです。

コンセプトにブレがあると、何をアピールしたいサイトなのか訪問者は迷ってしまいます。

コンセプトに沿った記事を継続的に配信していくことが大切です。

配信する頻度を書き手が明確にしておくことで訪問者を効率的に増やせます。

たとえば毎週月曜日に配信すると明記しておけば、固定ファンが訪れてくれるでしょう。

逆にいつ更新されるかわからないサイトは、少しずつ人が離れていきます。

セールス色を匂わせないこと

人は誰しも買わされることを嫌がります。

たとえばエステサロンのお試しコースを受けたら、無理な勧誘をされて幻滅したという人は多いでしょう。

商品やサービスというのはあくまでも顧客が選択するべきものであり、企業側が無理におすすめするものではありません。

セールス色の強いコンテンツだと、良質な記事を配信していても敬遠される傾向があります。

あくまでもお客様に納得していただいたうえで、商品・サービスを購入してもらう必要があるのです。

良質なコンテンツを届けるべき理由は、ギブアンドテイクの精神によります。

訪問者の心理としては、良質なコンテンツを届けてくれるサイトに対して、お礼をしたいと考えるわけです。

セールスばかりしているサイトよりも、自分にとって有益な情報を配信してくれるサイトから購入したいと考えています。

視覚的なインパクトより記事の内容が大切

サイトデザインは目を引くものにしたほうが良いです。

インターネットのコンテンツには3秒ルールが存在し、人はサイトを開いて3秒以内に読むかどうか判断しているのです。

ひと目で目を引くデザインにすれば注目してもらえるので、一定の集客効果を期待できるでしょう。

しかし視覚的なインパクトは長続きしません。

最終的に大切となるのは内容であり、記事の内容が薄くてつまらなければファンは離れていきます。

定期的にキャンペーンを打ち出せば、一時的に購入者を増やせますが、高頻度で行っているとキャンペーン効果は激減してしまいます。

値段を安くする手法は、いずれ顧客が慣れてしまうのです。

そうなれば定価では絶対に購入しないという人が増えてくるでしょう。

コンテンツの浮き沈みを防ぐためには、やはり良質の記事をコツコツと配信していくことが必須になるのです。

このサイトから商品を購入したいと思ってもらえるコンテンツを目指してください。

コンテンツは誰が作成しているかが重要

マーケティングでは、どんな意見かよりも、誰の意見かが重視されます。

サイト訪問者が美容・健康情報を入手しようと思ったとき、ほとんどの人は自分より詳しい人から話を聞きたいと思うでしょう。

美容・健康系の記事作成を例にすれば、男性よりも女性のほうが得意です。

中でもシングルマザーが作成する記事は高品質を期待できます。

働いている主婦の場合ですと、家族や仕事のために多くの時間を取られるでしょう。

専業主婦の場合も配偶者の目がありますので、自分の時間はそれほど確保できないという声が少なくありません。

シングルマザーが記事作成に適している理由は、マイペースで作業できるからです。

さらにシングルの女性は自立心が高く、良い意味で稼ぐことに前向きです。

それが高いモチベーションを生み出しています。

専門分野のスタッフがいるかどうか

美容・健康系のコンテンツの作成において、専門的な見解が必要になることがあります。

化粧品や健康食品の記事作成をするときは、薬機法の問題を避けては通れません。

たとえばサプリメントは健康食品のため、効果・効能を宣言することは一切できないのです。

一方で個人的な体験談として紹介する場合は、得られた結果をもとにアピールすることはできます。

この辺の線引きは非常に難しいため、薬事法管理者や薬剤師などの専門家が在籍するライティングサービスを利用するのがおすすめです。