· 

Googleから愛される記事を書くには結論を先に書くPREP法がおすすめ!

記事を作成する際にはGoogleに愛されることが大切

Googleは、世界中で利用されている検索エンジンです。

日本でのGoogleの利用率も、90%という高い数値となっています。

中には、Yahoo!を使っているという方もいらっしゃるかもしれませんが、実はYahoo!の検索エンジンは、Googleの検索技術を使っているのです。

そのため、検索で上位にランクインさせる場合や自社のホームページやブログなどへの集客を高めるためには、Googleに好かれるような対策をしておくことが重要となります。

一体どのような条件ならばGoogleに愛されるのか?

では、一体どのような記事を作成すれば、Googleに好かれるようになるのでしょうか?

Googleに好かれるためには、SEO対策が重要だと考える人もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、SEO対策はGoogleに好かれる条件の一つです。

HTMLやCSSなどを正しいコーディングで記述することやW3Cに準拠するようにしておくことで、Googleから良い評価が得られやすくなります。

ただ、SEO対策だけをしっかり行ったとしても、それだけで集客につながるとは限らないのです。

せっかく、自社のホームページやブログに誘導することができたとしても、肝心の記事がつまらない内容だったら、訪問者はすぐに帰ってしまうことでしょう。

最近のGoogleは、ユーザーにとって本当に有益な情報をこまめに発信しているかどうかも重視していると言われています。

そのため、Googleに好かれるためには、ただSEO対策を行うだけでなく、同時に記事のクオリティも高めておくことが、非常に重要となるのです。

まずはGoogleのガイドラインを意識しておこう!

Googleに愛されるためには、まずGoogleについて知っておいたほうが良いでしょう。

Googleでは、以下のような基本方針を定めています。

・検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

・ユーザーをだますようなことをしない。

・検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。

(引用元:https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

 

また、具体的なガイドラインとして、以下のような方法を用いてはならないとしています。

・コンテンツの自動生成。

・リンク プログラムへの参加。

・オリジナルのコンテンツがほとんどまたは全く存在しないページの作成。

(引用元:https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

 

そのほかにも、不正なリダイレクト、隠しテキストや隠しリンク、コンテンツの無断複製などについても、Googleは好ましくないとしているのです。

さらに、十分な付加価値がないと判断されるアフィリエイトサイトなども、Googleは良い評価をしませんので、アドセンスを使用して記事を作成する際も、気を付けるようにしてください。

Googleに好かれたいならPREP法を用いて記事を書くこと

先に、Googleに愛されるためには、記事のクオリティを高めておくことが大切だと述べました。

記事のクオリティを上げるための方法はいろいろありますが、一番おすすめなのは、PREP法を用いることです。

PREP法というのは、以下の4つの要素で構成されている方法のことです。

・結論を意味するPoint

・理由を意味するReason

・事例や具体例を意味するExample

・最後にもう一度結論を繰り返すPoint

それぞれの英語の頭文字を取って、PREP(プレップ)法と呼ばれています。

最初に結論を持ってくることで訪問者の心を掴む

文章の最初に結論を持ってくることで、訪問者は記事の内容に興味を持ちやすくなります。

結論が後回しになってしまうと、最後まで記事を読まなくてはならないので、訪問者は、ストレスを感じやすくなってしまうのです。

Webコンテンツは、最初の3秒が大切だといわれています。

先に結論が書かれていると、第一印象で訪問者の心を掴むことができるので、その後に続く記事も読んでもらえる可能性が高くなるのです。

結論は、だらだらと述べずに簡潔に書くことも、訪問者を惹き付けるコツです。

前置きが長過ぎてしまうと、訪問者が途中で飽きてしまうこともあります。

わかりやすい言葉で、かつ、簡潔に結論を書くように心がけてみてください。

次に理由を述べることでもっと読んでみたいという気持ちにさせる

結論のすぐ後に、その理由を述べることで、訪問者はもっと記事を読んでみたいという気持ちになります。

理由を述べる際には、接続詞として、「なぜなら~、なぜ~」を用いると良いでしょう。

「なぜなら~、○○だからです。」という風に締めくくることで、訪問者はその理由を納得して受け入れやすくなります。

事例や具体例があるとイメージしやすくなる

記事の中に、事例、具体例を入れておくと、訪問者は記事の内容をより理解しやすくなります。

「例えば、○○や○○などがあります。」という風に具体例をいくつか挙げることで、訪問者はイメージが掴みやすくなりますし、記事に説得力を持たせられるようになるのです。

最後にもう一度結論を述べて締める

記事の最後にもう一度結論を持ってくることで、訪問者は記事の内容を頭の中で整理することができるので、より印象に残りやすい記事となります。

近年では、記事の一番最後に、まとめ、あるいは、結論などという風にわざわざ見出しを付けているケースも多いです。

滞在時間を長くすることでGoogleから愛される

このようにPREP法を用いることで、最後まで読んでもらえる記事を作ることができ、その結果訪問者の滞在時間を長くすることができます。

滞在時間が長いと、Googleはユーザーにとって有益なコンテンツだと判断して、評価が高くなるので、検索で上位に表示されやすくなるという仕組みです。

PREP法以外の方法が良い場合もある?

ただ、すべての記事においてPREP法を用いて書けば良いとは限りません。

記事の内容によっては、SDS法(Summary・Details・Summary)、DESC法(Describe・Explain・Specify・Choose)などを用いたほうが良い場合もあります。

場合によっては、起承転結スタイルで書いたほうが訪問者の心を掴みやすくなるかもしれません。

Googleに愛されるためには、どんな風に伝えたら訪問者に読んでもらえるのかをよく考えて、記事の書き方を工夫してみると良いでしょう。

記事の作成はプロのライターに任せてしまうのがおすすめ

Googleに愛される記事を自力で執筆するのは、手間も時間もかかってしまうので非常に大変です。

そんなときには、プロのライターに依頼してしまうと良いでしょう。

執筆を請け負っている会社に依頼すれば、すぐに高品質な記事を作成してくれます。

会社によって、得意な分野、不得意な分野がありますので、執筆を依頼したい記事の内容に合わせて、最適な会社を選ぶようにしてください。

美容系、健康系、女性をターゲットにした記事であれば、 株式会社エスママがおすすめです。

株式会社エスママは、在籍している全員がシングルマザーのライティング会社です。

薬事法管理者や薬剤師などの有資格者も在籍しているため、法に触れないように、適切な表現で記事を作成します。

SEO対策、商品モニターなどにも対応しているので、記事の作成を考えている方はお気軽にご相談ください。