· 

化粧品・健康食品の販促に役立つLPの導入目的とメリット

ランディングページの目的はすべての情報を伝えること

化粧品・健康食品を探しているとき、縦長の圧倒的なボリュームのあるページに行きついた経験がある方は多いでしょう。

これはランディングページと呼ばれるもので、省略してLPとも言われます。

商品の販売促進を目的としたページであり、LPを最適化することが大幅な売り上げアップにつながります。

商品を購入してもらうためには、公式サイトをじっくりと読んでもらうことが大切と思うかもしれませんが、ほとんどの人は忙しいと考えてください。

まだ使用したことがない商品に対して、複数のページを読んで情報収集をすることはあまりしません。

これに対してLPは1ページで完結しますので、短時間でユーザーが商品概要を掴めるのです。

マウスホイールを上下に動かすだけで必要な情報をすべて入手でき、ほかのページにジャンプするリンクをクリックする必要がありません。

視覚的にユーザーに訴えることができる

公式ホームページと比べて、ランディングページは非常に派手な作りになっています。

画像が大量に使用されているのが特徴で、ひと目で商品をイメージできるのです。

一般的なサイトではテキストが多めで、画像はそれほど使用しません。

読み物を提供する意味合いが強いからです。

LPの場合は1ページで必要な情報をすべて伝えて、商品を購入してもらうのが目的になります。

LPは縦長でボリュームがあるページのため、テキストの文字数も相応に多くなりますが、すべて読むという人はほとんどいません。

だからこそ画像を多用してユーザーの興味を惹き付ける必要がありますが、テキストが無意味というわけではありません。

商品のイメージ画像を見て興味を示した人は、テキストを読んで詳細情報を調べようとします。

テキスト制作ではいかに相手を納得させるかがポイントになるので、説得力のある文章を書けるライターに作成を依頼するのがおすすめです。

なぜLPはボリュームが圧倒的なのか

人に何かを説明するときは、要点をまとめて伝えるのが大切だといわれます。

これは口頭での説明だけでなく、文章で伝えるときも同じです。

人は基本的に話を聞いたり、文章を読んだりすることを面倒に感じています。

新聞を読むことが日課になっている人でも、隅から隅まで読む人はまずいないでしょう。

Webサイトにおいても要点をまとめて伝えることが大切ですが、LPに関しては相手が求める情報をすべて詰め込まなくてはいけません。

どのような成分がそれぞれ何mg配合されているのか、ライバル商品と比べて何が強みなのか、どのくらい使用し続ければ実感できるのか、などです。

人によってほしい情報は異なり、それにすべて対応するためには、必然的にボリュームのあるページになるわけです。

LPはすべて読んでもらう必要はまったくありません。

ユーザーがほしい情報を届けるのが目的であり、それを探しやすいように工夫すれば良いのです。

ユーザーは商品を購入するにあたってなんらかの不安を抱えています。

その不安を一つひとつ解消していけば、購入を決断してもらえる確率が高くなるのです。

コストを抑えて販促を展開できる

Webサイトの構築にあたって最も心配なのは費用でしょう。

次々と商品が売れても、それ以上にサイト制作費がかかっていては赤字になります。

LPがこれほど注目されるのは、中小企業や個人事業主も気軽に導入できるという理由が挙げられます。

1ページ簡潔タイプのWebサイトになりますから、費用をかなり安く抑えられるのです。

本格的なWebサイトを制作するとなれば、数百万円になることもあります。

LPだとサイトのボリュームにもよりますが、10万円くらいから制作できます。

大切なのは費用対効果であり、高額な費用をかけてもそれ以上のリターンを得られるならば結果的に安くなります。

費用対効果を高めるためには、LP制作のプロに任せるのが得策です。

美容・健康に関するLPを制作するなら、美容・健康系のページ制作実績が豊富にある会社に依頼しましょう。

LPでは使用する画像一つで、ユーザーの反応が大きく変わってきます。

目から入ってくる影響力は絶大であり、これは新聞とテレビを比較するとよくわかります。

新聞の広告よりもテレビCMのほうが、より商品の魅力が伝わるでしょう。

それほど画像や映像のインパクトは優れているのです。

ユーザーは見出しを見て記事を読むか判断している

書店やコンビニで週刊誌を購入するとき、ほとんどの人は見出しを見て購入するかどうか判断しています。

普段は週刊誌を買わないという人でも、興味のある見出しを目にすればほしくなることは多いのです。

LPにおいても見出しは重要な意味があり、ここでいかにインパクトを与えるかが重要になります。

たとえば商品のメリットに加えて、特に伝えたい情報などを見出しに組み入れるのがおすすめです。

美容・健康系の商品を探している人は、なんらかの悩みを抱えていることが多いです。

この商品を使用すれば、こうした悩みを解消できるという点を強調するのが販促の基本になります。

ユーザーは限られた時間内で、有益な情報を探していることを意識してください。

記事を中心にしたLPもある

LPといえば画像をとにかくたくさん使用したページという印象があるかもしれません。

これはほとんどのLPに共通していますが、中にはセールス色を感じてしまうユーザーもいます。

LPがこれほど普及した現在ですと、買わされる感を覚えてしまう人は少なくありません。

人は自分で選択したいという心理がありますので、買わされるのを非常に嫌います。

セールス色を出しすぎると逆効果になるケースが多いのです。

時代によって最適な宣伝広告の方法は変わってくるわけです。

セールス色を出さないためには、記事をメインにしたコンテンツをおすすめします。

従来のLPよりも画像を減らして、テキストを増やしていくのです。

テキストコンテンツは読まれにくいといわれていますが、最低限の画像と見出しの工夫により、読んでもらうことは可能です。

ただしテキストを中心にしたコンテンツの場合は、文章の質が重要になってきます。

読まれる文章を用意しなければ、核心となる部分まで読み進めてもらうことは難しいでしょう

読む人に配慮することが何より大切

LPを制作する理由は販売促進であり、これ以上でもこれ以下でもありません。

そのため、ついつい企業目線での制作になり、読み手にとって不親切になるケースが多いです。

化粧品・健康食品のLPに訪れる人は、これらの商品に少なからず興味を示しています。

今の化粧品が肌に合わなくなったので新しい商品を探している、健康が気になり始める年代になったので手頃な健康食品を探しているなど、なんらかの期待を寄せてLPに来るわけです。

もし無関心であればそもそもページを訪問することはないでしょう。

読み手に配慮するためには、ユーザー目線になってページ作成をする必要があります。

商品を気軽に比較できるランキングサイトが普及している現在では、ユーザーは簡単に商品の比較検討ができます。

販促では他社商品と区別化を図ることが必須であり、それを徹底すれば高額でも売れる商品になるのです。

読み手に魅力を伝えるためには、それができる書き手が必要になります。

美容・健康系のLPを制作するなら、美容・健康記事の作成に特化した記事作成代行サービスが役立ちます。